ACPIパッチ と共に用いることで、 Suspend/Resume を可能にする。

適用例

  • linux-2.4.21.tar.bz2 - Linux Kernel 2.4.21
  • acpi-20030619.diff.gz - ACPI Patch
  • swsusp-1.0-2.4.21.tar.gz - swsusp 1.0
  • swsusp-1.0.1-incremental.bz2
  • swsusp-1.0.2-incremental
  • swsusp-1.0.3-incremental.bz2

swsusp-1.0 の展開

いろいろ入っているのでバラしておく。

# tar jxf swsusp-1.0-2.4.21.tar.gz

kernel の展開

# cd /usr/src
# tar jxf linux-2.4.21.tar.bz2

ACPI パッチの適用

# cd /usr/src/linux-2.4.21
# gzip -cd acpi-20030619.diff.gz | patch -p1

swsusp の適用

# cd /usr/src/linux-2.4.21
# bzip2 -cd swsusp-1.0-2.4.21.bz2 | patch -p1
# bzip2 -cd swsusp-1.0.1-incremental.bz2 | patch -p1
# patch -p1 < swsusp-1.0.2-incremental
# bzip2 -cd swsusp-1.0.3-incremental.bz2 | patch -p1

ACPI Configuration Patch の適用

選択できない ACPI の設定項目を選択できるようにするパッチ。 swsusp-1.0-2.4.21.tar.gz に含まれる。

# cd /usr/src/linux-2.4.21
# bzip2 -cd acpi-option.bz2 | patch -p1

Kernel の設定

make menuconfig なり make xconfig なりで。

CONFIG_SOFTWARE_SUSPEND=y
CONFIG_ACPI=y

CONFIG_ACPI_* はお好みで。また、この組み合わせでは、

CONFIG_X86_LOCAL_APCI=y
CONFIG_X86_IO_APCI=y

とする必要があるらしい。

Kernel の構築 & インストール

# make dep && make clean && make bzImage modules modules_install
# cp arc/i386/boot/bzImage /boot/vmlinuz

Debian? なら、

# make-kpkg clean
# make-kpkg kernel_image modules_image

できた *.deb を dpkg -i 。

Boot Parameter

''resume=(swap領域)' を加える。 swap が /dev/hda2 なら、

kernel /boot/vmlinuz root=/dev/hda1 acpi=on apm=off resume=/dev/hda2

といった感じ。

hibernate スクリプトのインストール

swsusp-1.0 の tar 玉中にある suspend.sh を実行。

# sh suspend.sh

hibernate と suspend.conf が インストールされる。

hibernation

# hibernate

もしくは

# echo 4 > /proc/acpi/sleep

とか。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-19 (木) 22:14:10 (2891d)